シンガポールでの朝ごはん チキン・カレー・カップ麺

画像


シンガポール滞在中の朝食・昼食は、ほとんどをホーカー・センターやフード・コートで済ます我々ですが、まれにカップ麺を食す事もあります。そんなカップ麺のひとつをご紹介しましょう。

このカップ麺は、セブン・イレブンで入手したものです。

あのMYOJO=明星食品のチキン・カレー麺です。Kari Meeというのでしょうか?
作り方は、もちろん日本のそれと同じです。お湯を入れ、3分間待てばできあがりです。ただし、沸騰したお湯を入手できるかどうかは、ホテルによって違うでしょう。電気ポットが置いてあるとラッキーですね。もちろん、ルームサービスでももらうことができますが・・・・

シンガポールで販売されているカップ麺には、大抵、漢字と英語、マレー語で表記されています。ですから、購入時に悩む事はないとは思いますが、ここに書いてあるマレー語「Perisa Kari Ayam」は、

Perisa / Kari / Ayam
風味 / カレー/ 鶏

という事で、チキンカレー風味となります。このブログのテーマでもあるチキンライスは、チキンがAyam、ライスはNasi(ナシ・ゴレンで有名?)ですので、Nasi Ayamとなるそうです。

なにせマレー料理での辛さを知っている私ですので、若干の不安があった(私は、辛すぎるのが苦手なのです)のですが、ほど良い辛さで、私も無事に頂く事ができました。

すみません、価格は忘れてしまいました。次回の探検時に明確にします。

シンガポールでは、この明星食品に限らず、エースコック、日清等々、日本の各メーカーがズラッと勢ぞろいしています。トム・ヤン・クン味など、ローカル独特の味のものがあるようです。こちらも色々と楽しめると思います。


2010年1月の訪問時に購入・食したものです。



Ranking参加中、クリックしてくれるとうれしいのです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック